ハンドメイド、子育て、HPのこと。いろいろつぶやいています。
パジャマ製作 その2(襟つけ)
2013年05月18日 (土) | 編集 |
パジャマ作り再開 

今日は襟を作って見ごろにつける工程です。

最初の工程はこちら → その1(肩を縫う)

いや~、それにしても襟をつけるなんて、何年ぶり?!
というか、洋服作りなんて、かなり久し振りで・・・。
緊張するわ~><

ということで、テキストに沿って慎重に・・・

 襟を中表に合わせ、両脇を縫います。
縫い終わったら、襟の角になる部分を三角に切り落とします。
DSC_0095_20130518112744.jpg
この切り落とした部分はちょうど襟の角になる部分。縫い代がゴロゴロしないように余計な縫い代を切り落としてあげます。
物によっては縫い代を半分(5mmに切り落とす)と書いてある仕様書もありますけどね。

 表に返してアイロンで形を整えます。
DSC_0096.jpg
角をきれに出すには、やっぱりこれよね!今回もやはり、目打ちがないと角が綺麗に出ませんでした><


 表襟側から周囲にステッチをかけます。
これは縫い代を押える意味もありますよね♪
DSC_0097.jpg
ただ、今回家庭用ミシンを使ったんだけど、やっぱり角はきれいに縫えないね><
職業用使えばよかった・・・('_')

 次に、見ごろと襟を合わせます。
後中央、肩、襟付けどまりの合印が型紙についていると思います。ここは必ず生地にノッチ(切り込み)を入れておかないと、縫う時に位置合わせができなくて苦労しますよ♪
DSC_0098.jpg

 肩を合わせる位置。
今回、肩の縫い代を倒してステッチかけたので、初心者の方だとどっちの縫い目に合わせるの??ってなることもあると思います。
DSC_0100.jpg
【前身ごろと後見ごろを縫い合わせた縫い目】に合わせます。ちょうど前身ごろと後見ごろの境目。ここが肩の位置になります。

 【襟付けどまり】も注意!慣れないと、前中心に合わせてしまいがちですが、気を付けてね♪
DSC_0101.jpg

襟付けって難しい・・・というイメージがありますが、仕様書どおりに1箇所ずつ確認しながら慎重にやっていけば、ぴったりサイズ合いますので大丈夫(^^)v
って、私も今回、初心者同様、ドキドキしながら作りましたがサイズぴったり

ただ、見ごろの襟ぐりはカーブ、襟は直線に近いので、マチ針は細かい間隔で打っていかないと、ぴったり合わないので注意。
この後、縫った後に縫い代に切り込みを入れると、生地のつれた感じもなくなるので大丈夫(^^)v


この工程はあとで。



余談ですが、今回、携帯を車に忘れて娘のスマホを借りて撮影
画素数の設定もあると思うけど、mappiのカメラ、いい!!!
デジカメ並みもしくはそれ以上の性能だわ


スポンサーサイト
テーマ:ソーイング
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック