みーちゃんのひとりごと
ハンドメイド、子育て、HPのこと。いろいろつぶやいています。
中断していたmappiのパジャマ製作再開

せっかくなので作り方だけ紹介して行こうと思います。

 見返しに接着芯を貼り、縫い代の始末をする。
(先日UPした接着芯の日記を参考にしてください)

 前身頃と後身頃の肩を中表に合わせる。
130516_203834.jpg

 マチ針の打ち方
マチ針は縫っていく方向と十字になるように打ちます(写真でわかるかな?)

打つ順番は
① まず、両端をとめます。
② 中心をとめます。
③ ①と②の間に何本か、とめます。 ・・・ だいたい5cm間隔かな?
130516_203850.jpg

 両肩とも同様にマチ針でとめます。
130516_204030.jpg

 前見返しと後見返しを中表に合わせて、マチ針でとめます。
130516_205345.jpg
今回、この段階で裁断ミスを発見
見返しの縫い代がどうやっても合わない
おかしいと思って型紙を確認したら、後見返しは1cmの縫い代をつけているのに、前見返しは1.5cmの縫い代をつけて裁断していました

さて、次はいよいよ縫っていきます。
 肩を縫います。縫い代1.5cmなので、こういうときはマグネット定規が便利♪
130516_205536.jpg

 見返しは縫い代1cmなので、押さえの右端と生地の右端を合わせるようにすると、針位置左側の場合、だいたい1cmになります(^^)
※ ただ、これはミシンによって違いますので、お手持ちのミシンで確かめてくださいね♪
130516_205644.jpg

 肩の縫い代を後身頃側に倒します。
アイロンをかけてしっかりね♪
130516_210029.jpg
※ 普通は縫い代を割るんだけどね・・・。今回は型紙どおりに(~_~;)

 見返しは逆に前身ごろ側に倒します。
こちらもアイロンでしっかり倒してください。
130516_210109.jpg
※ 多分、身頃側は後に倒し、見返し側は前に倒すことで縫い代の厚みを分散させてるんだろうね。

 表側からもアイロンをかけて、しっかり縫い代を倒したほうがいいです。
130516_210230.jpg

 肩(身頃)の表から縫い代の上にステッチをかけます。
これは、縫い代を押える意味があります。前身ごろと後身頃の縫い目(境目)から5mm後身頃側のほうにステッチをかけます。最初と最後は返し縫いを忘れずにね♪
130516_210353.jpg

さ、今日はここまで。

あくまでも今回購入した型紙に基づいた作り方で説明していますので、お手持ちの本や型紙の作り方を参考に作ってくださいね♪
って、載せる意味ないか??
スポンサーサイト

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback

トラックバックURLはこちら