2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

セカンドミシン

 もっと力強い厚物が縫えるミシンが欲しくて、ず~っと悩んでて。
周りには職業用か工業用しかないでしょう!!と言われていたんですが(-_-;)

ついに手に入れました!!!
ジャノメのCOSTURA(コスチューラ)767HXです。
高速直線専用ミシンとメーカーHPでは紹介されているミシンなので、職業用かな?
中古ですが、美品で付属品等はありませんが私には十分なミシン
コスチューラ
ちなみに今使っているミシンはこちら。
JUKIのHZL-010N。ジュレーブという刺繍機能付のミシンです。
HZL-010N
 このミシンの特徴。

 スピード調整機能(写真上)
 基本的にフットコントローラーのみの操作なんですが、スピード調整がついているので、自分で最高速度が決められるんです。なので、スピードを一番ゆっくりにしておくと、いくら強く踏んでも、それ以上は速くならないということ(^^)
 家庭用ミシンでもフットコン使えるタイプはこの機能が付いているんですよね~♪

 針停止位置が切り替えられる。(写真上)
 電子機能っていうのかしら?止まった時に針が上で止まるか下で止まるか設定できるの。基本的に私は下で止まったほうがラクなので、下停止のままで使ってますが。

 単独下糸巻き(写真上)
 まだ私は使ったことないんだけど、下糸巻きだけ単独でスタートボタンがついてて、いっぱいになると勝手に止まるらしい。
 それに、糸縦棒が2本あるので、針糸を抜かなくてももう1個の糸で下糸を巻けるようにセットできるらしい。
縫製工場などに勤めている方はこういうやり方をすると聞いたことあります。

 もちろん、自動糸きり付。(写真右下)
 返し縫いレバーも大きくてGood!今までのミシンだとスタートボタン、返し縫いボタン、糸切りボタンが一列に配置してあったので間違って返し縫いボタン押しちゃったりしてたけど、これは便利(^^)

 必要と思われる押さえも注文(写真左下)
 ・ 2mm押え  … ステッチかけるのに便利そう!
 ・ ファスナー押え … これは必需品です!
 ・ テフロン押え … ビニール素材など、すべりにくい生地を縫うときに。
工業用ミシンと同じような規格だから、家庭用ミシンのとはちょっと違いますね。

DSCF2913.jpg

 垂直釜。(写真左上)
 家庭用ミシンに水平釜じゃなく、さらに職業用なので左側からボビンケースを入れるタイプ。
これがなかなか慣れるまで大変(~_~;) ボビンケースからボビン外れて転がったり悪戦苦闘してます

 ボビンも工業用ボビン(写真左下)
 水平釜タイプはいっぱいあるんだけど、ボビンの形状が違うから、また数そろえるのも大変><
 なのでとりあえず、5個くらいにして徐々にそろえて行こうかな??

 押え圧調整(写真右上) ・・・ これは多分、使わないかも(~_~;)

 上糸調整ダイヤル(写真右下) … これもまだ理解していない><
 今度はボビンケースも調整して糸調整合わせなきゃないので
これが自動だったら、どんなにラクか><

DSCF2917.jpg

あとはまた使いながら機能紹介していきたいと思います(^^)
スポンサーサイト


<<使い勝手 | Top | オーダー状況>>



お気軽にコメントお願いします。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://sewing.blog7.fc2.com/tb.php/2251-60de32db
» FC2blog user only
-
管理人の承認後に表示されます 2012/05/26 16:02
| Top |