[手作り]ハンドメイドレシピ



2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

昨日UPしたおむつポーチ(バニティポーチ)の型紙できました(^_^)
とりあえず製図のみUPしますね♪
型紙ご希望の方はメールにて配信いたします。

メールフォームから『おむつポーチ型紙希望』と書いて送って下さいね♪
A4に印刷できるPDFファイルにてお送り致します。

自分で製図してみるという方は下図を参考にしてみて下さい(^_^)
画像をクリックすると拡大表示されます。
(縫い代は含まれていません。【わ】以外に1cmの縫い代をつけてください。)

おむつポーチ製図

市販のおむつポーチよりもサイズ大きめになっています。
あとはご自身でサイズ調整してくださいね(^^)

fc2blog_20170413223134d8e.jpg
fc2blog_2017041322320832d.jpg

作り方はこれから準備しますので、また出来上がったらお知らせしますね♪
スポンサーサイト


こんにちわ(^_^)
ヘルニアの足シビレのため、薬漬けの日々の私…。
だいぶ、薬が効いてラクにはなってきていますが。

さて、入園入学準備の真っ最中だと思いますが、印刷できるように図解でカンタンに作ってみました。
A4 1~2枚で印刷できるように作りましたので、参考にしていただければと思います。
詳しいところや写真解説はHPで確認していただければと思います(^_^)

すべてPDFファイルですので、Adobe Readerがインストールされていることが必須です。
フリーダウンロードできますので、ない方は検索してインストールしてみて下さい。

キルティング生地で作る場合 ~裏地なし~
こちら

布帛(一般生地)で作る場合 ~裏地なし~
こちら

裏地つきで作る場合
こちら


他に、これも作って~!というリクエストがありましたらコメント下さい。


浴衣の作り方更新

てづくり&ふりまからのお知らせです(^_^)

handmadeレシピ最後の更新が終わりました!
今回は浴衣の作り方です。
冬なのにすみません^^;

今年の夏はぜひ、浴衣を作ってお出かけしましょう!



ということで、腰がイマイチ不調の私ですが、3連休仕事頑張ります!!!



ダボシャツの作り方UP

ご無沙汰しておりました。

4月だというのに、雪が降っている盛岡です

さて、ようやくレシピUPできました~(T_T)
てぬぐいで作るダボシャツの作り方です。

さらに、完成画像一覧のページも、アイテム数が多くなってきたのでカテゴリーごとにページをわけました。
HPもよろしく♪ てづくり&ふりま



明後日には委託作品の納品に伺い、今年度も委託スタートします。

そしてプライベートな事ですが、SATOは中2になり、mappiがなんと!!結婚しました(^_^)
いろいろ大変ですが、これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします♪



皆さん、雪の営業は大丈夫ですか??

岩手に住んでいると、当たり前なんですが、何百年ぶりに雪が降ったとかいう地方の方は、お手上げでしょうね。
盛岡も今朝は、数センチ雪が積もり。
夜、冷え込んでツルツルのところに雪が降ったので、部分的にはハンドルとられて大変です(汗)



さて、そんな中でも入園・入学準備は着々と時間は過ぎていくもので…。
これから作ろうと思っている初心者ママたちに、布はどのくらい準備したらいいの??
という簡単な図をご準備しました。

参考になるかな??
あとはホームページをご覧いただければ、各アイテムの作り方や用尺の出し方など、詳しく載っておりますので参考にしていただき、それでもちんぷんかんぷんな時は掲示板やメールでご相談ください。

できれば園から渡されたプリント図などがあると、わかりやすいです。
はんどめいどショップPETIT HEARTでは、生地持ち込みのオーダーも受け付けておりますので、ぜひどうぞ♪

bag_20160125145406131.jpg
巾着(かたあき)
巾着(両あき)


昨日UPしましたミニボストンバッグの作り方に、裏地つきの作り方を追記しました。
手順はほぼ、裏地なしと同様です。

kansei_20150824145402687.jpg

HPからご覧ください♪
てづくり&ふりま


てづくり&ふりまにhandmadeレシピとしてミニボストンバッグの作り方をUPしました。

型紙もありますよ~♪
ボストンバッグ
ボストン内側

会社の人に、パターン欲しい!と言われ。
渡しましたが、まだ作ってないみたい(*^-^*)

ぜひ皆さんもチャレンジしてみてください♪
作ったよ~!の声が届くのを楽しみにしております(*^-^*)



24時間テレビ、みなさん見ましたか~?
仕事だったので、あちこちしか見れなかったのですが録画しているみたいなので、あとでじっくり見たいと思います。


以前、ブログで作り方をご紹介しておりました別マチトートの作り方をHPにUPしました。
別マチトートバッグ作り方

140812_230625_20140820220145c13.jpg
140812_230640_201408202201480be.jpg

そして、関連してマグネットボタンのつけ方もHPにUPしました。
マグネットボタンのつけ方
140812_221847.jpg


毎日暑くて、ミシンかけようと思いつつも家に帰ると何かと忙しくてミシンをかける気力もなくなり…。
また新レシピUPしたら、お知らせしますね♪

お弁当袋も止まったまま…
毎日忙しくて、なかなか進みません(汗)


子供たちも夏休みに入り、SATOは毎日、家で宿題しております。
中学生になると、夏休み中に登校日があり、それまでに宿題をひと通り終わらせなきゃないみたいで
25日から夏休みで登校日が3日。
それから夏休み終わるまでにまた同じ宿題をやらなきゃないみたいで
学生は忙しいね~♪


てづくり&ふりまからのお知らせです♪

以前、ブログでご紹介しておりましたが、リバーシブルTシャツの作り方をUPしました。

なかなか作る事はないかもしれませんが、もし何かの参考になればうれしいです(^_^)
今回、改めてまとめながら、もう一回作ってって言われたら作れるかしら??と不安になりました(^_^.)
それだけ、ややこしいです><

一箇所縫ったら表に返し、また中表で縫って表に返し…とやっていかないと、うまくリバーシブルになりません
どんな感じか、のぞいてみてください(^_^)


つづきです。

⑨ 表にひっくり返し、写真のようにバネ金具を通す口の形を整えます。
  今回はバネ金具の幅(高さ)+余裕分で、バネ金具を通す部分が2㎝になるように整えます。
  キルト芯があるので、この部分がフワフワして、なかなか形が調えにくいので、マチ針を打つ等してください。

写真でわかりますでしょうか?
表布と内布の境い目の部分にミシンをかけます。
内布側を見ながらミシンをかけたほうがいいと思います。
10-1.jpg

10.バネ金具を通します。
  写真のように片方は金具で止まっていますが、もう片方は開くようになっていますので、開いた状態でバネ通し口から通してください。
11_201505052208206ef.jpg
両方通すと、こんな感じになります。
12_20150505220821c9a.jpg

11.一緒にこういう留めネジ?みたいなものが入っていると思いますので、そのネジを止まっていないほうのバネの下から通します。
13_201505052208235a7.jpg
ちょっとピンボケしていますが><
このピンを入れる時、かなりキツイので、ペンチ?みたいなものがあるといいかもしれません。
金具を傷つけないように薄い布を挟んで、その上から挟んだほうがいいかもしれません。
14_201505052208244e4.jpg

これで完成です\(^o^)/
kansei_20150505220856b05.jpg
utigawa.jpg


委託販売用に作ったばねポーチのメガネケース。
以前、会社の人にも作ってあげたのを思い出し、作ってみました(*^-^*)

あとでHPにはUPしたいと思いますが、取り急ぎブログに作り方をUPしますね♪
ちょっと、ピンボケの写真等もありますが、ご勘弁をm(__)m


出来上がりはこんな感じ♪
サイズは縦17㎝×横10㎝。
kansei_20150505220856b05.jpg
内布つき。キルト芯を中に入れています。
utigawa.jpg
バネポーチ金具は10㎝(幅1.2㎝くらい?)を使用しました。
banepo.jpg

材料 (布は縫い代1㎝含みの寸法です)
  表布 縦42㎝×横12㎝
  内布 縦38㎝×横12㎝
  キルト芯 縦38㎝×横12㎝(内布と同寸法)
  バネ金具 長さ10㎝×1本(幅は1.2㎝くらいのものを今回使用)

※ バネの幅によっては縫い代寸法や内布寸法が異なります。
   今回作ってみたら、内布は縦37㎝のほうがいいかも。

では作り方をご紹介します。
♥ More..Open


先日購入したプラスナップ。
専用の打ち具不要で簡単に取り付けられるというので、試しに購入してみました。

↑写真では赤に近いピンクですが、実際は↓こんな感じ。
150504_203144.jpg
サニタリーケース(作り方はこちら)につけてみました。
150504_203155.jpg
生地がシーチング程度の厚さだったせいか、ボタンの厚みが少し気になります。
150504_203206.jpg
でも、開閉はスムーズ・・・かな?少し力がいるような気もしますが。
150504_203225.jpg

さて、いよいよつけ方です(*^-^*)
たぶん、正式なつけ方があったはずですが、確認するのが面倒なので、こんな感じだったかな?と、つけてみました。

♥ More..Open


お客様からのリクエストで、リバーシブルベストを作ったのはいいのですが・・・。
最後に表にひっくり返そうと思ったら、ひっくり返らない( ;∀;)

慌てて、勉強しました
そして、早速試作品。
うまくいきました\(^o^)/

ということで、忘れないように備忘録。
※ 型紙はフリーハンド。手縫いで仕上げております。
 なので、途中表地と裏地の大きさにズレが生じておりますが気にせず(^^♪
150115_230124.jpg150115_230028.jpg
ちなみにピンクが表地、チェックが裏地として作ったんですが、逆にすれば良かった><
ま、リバーシブルなので、表裏関係ないんですけど(*^-^*)
150115_230036.jpg150115_230052_20150116220040b48.jpg

ということで作り方です。
パーツは写真の通り表地と裏地各1枚です。
150115_222924.jpg
こんな感じになりますよ♪お父さんのチョッキみたいだね(*^-^*)
ってか、今の子に「チョッキ」って言っても通じないかもね・・・(-_-)
150115_222958.jpg

さ、次は縫っていきますよ♪
♥ More..Open


自分の覚書として…。
お客様から作りたいとご希望があったのですが、私の勉強不足で説明できなかったので、何とか勉強しました。

今回のレシピをご紹介するのに、ネットや掲示板等でお知恵を拝借しました。
その方々にも心より感謝いたします。

画像つきで詳しく説明したかったのですが、どうも写真ではうまく説明できず><
一部、画像は入れておりますが文章のみで失礼しますm(__)m

 デザインは長袖Tシャツのような感じです。
袖切り替えがないラグランスリーブです。

1. 表布(前後各1枚)、裏布(前後各1枚)を裁断。
2. 表布・裏布それぞれの袖つけをし、肩を縫う。
1_20141030211038229.jpg

3. 表布・裏布を中表に重ね、襟ぐりを縫う。
2_20141030211040d6c.jpg

4. 表に返す。(ここが重要ポイント!!)
5. 右袖の表布と裏布を中表に合わせて縫う。(ここが重要ポイント!!)
DSCF8295.jpg

6. 表に返す
7. 左袖の表布と裏布を中表に合わせて縫う。(ここが重要ポイント!!)
8. 表に返す。
9. 表布(前)と裏布(前)を中表に合わせて、裾を縫う。
10. 表布(後ろ)と裏布(後ろ)を中表に合わせ、返し口を残して裾を縫う。
11. 袖下~脇を中表に合わせて縫う。
12. 裾の返し口から表に返して返し口をまつる。
DSCF8301.jpg

となるんですが、もう一回やって♪といわれたらできない><
袖の中表に合わせるところが難しい・・・。
そして、各箇所を縫うときも、こんな形で大丈夫か?!っていうくらい軟体動物のように布をひっくり返して合わせるので、最後の最後まで緊張感と不安感が><



裏地と表地、前身ごろと後ろ見ごろの生地を変えて作ってみればもっとわかりやすかったかもしれません(ノД`)・゜・。
また作ってみようかな…。
来週、本番でお客様に教えるので、それまでに忘れないように書いておきます。


たまたまリバーシブルTシャツの作り方を検索していたところ、こんな記事を見つけました。

縫い止まりのコツ

あるある話ではないですが、よくある!!
こういうやり方が正しかったんだ~♪と目からウロコ

巾着のあき止まりなんかに使えますよね。
今度から、この方法でやってみよう!!と思いました。



そして、先日悩んでいた裏地つきTシャツのやり方は、知恵袋で質問させていただき、ほぼ解決しそうです(^_^)
ネットでも『裏地つき』で検索すると、なかなかヒットしないけど『リバーシブル』で検索すると、いろいろヒットする!
検索用語も大事なポイントですが、なかなか思い浮かばないですよね><

教室まであともう少しなので、それまでに完璧にしておかなきゃ
あとは裾の始末だけ。
返し口を残して、表にひっくり返せば良いと教えていただいたんですが、サンプル縫製しても、どうもうまくいかない・・・。
袖のところもそうだったけど、何かが間違っている・・・。
でも、そこがわからない><

昨日からサンプル作品を手縫いで縫ってはひっくり返し、失敗してほどいてはまた縫い…の繰り返し(T_T)
何とかマスターしたい




| Top | Next»